検索
  • RocksLife

金の卵とお金の木

こんにちは。古谷です。


今日は、事業を立ち上げていくときに私が意識する

金の卵とお金の木」の考え方をお話ししようと思います。



事業を続けて行くには、当然ですが "お金" が無いと経営体力が持ちません。


資金力がない状況では、会社はどうなるか?


すぐにお金になる事業(=お金の木)をやらないと潰れてしまいます。


まずは会社を運営していくためにも、キャッシュの入る事業が必要です。



しかし、そのような、お金の木となる事業を作って日銭を稼いでも、

そこにロマンはありません。


社長はちょっとしたお金が入って満足していても、

社員など周りにいる人は『これいつまでやるの?』と思います。



そこで必要となるのが、

すぐにはお金にならないけど、将来的には大きなお金を生み、

なおかつ社会の為になる事業(=金の卵)です。



その金の卵を探すときには、『自分達に何ができるか?』ではなく、

自分達は何をすべきか?』と考えることが大切です。



そうして見つけた『金の卵』とそれを実現させる為に必要な体力を補う『お金の木』。


これらを両立してやることが、ベンチャー企業にとってとても大切です。



0回の閲覧

Copyright 2018 RocksLife Co. Ltd.